安らぎと生き方を求めて 法住寺のホームページへようこそ!!

 

ブログ 杜のおたより

 

寿量の杜のおたより

寿量の杜のおたより
フォーム
 
三島南高校、甲子園へ
2021-01-30
三島南高校野球部が20世紀枠で甲子園へ。長年、地域の小さな子供たちに野球のボール投げなど教えて面白さを伝えてきた活動が評価されました。若者がハツラツ、輝くことは嬉しいこと、気負うなと云っても気負ってしまうでしょうが、それを含めて良い汗を流して欲しいと思います。頑張ってください。
 
三島南高の写真は今朝の伊豆日々新聞からですが、同じ一面に土肥桜が満開、伊豆市の土肥は海岸で温かです。それでも今月の中旬、狩野川べりに満開の桜が1本、ハッと見とれました。熱海の桜も早いのですが、ドンドン早咲きを競ってる感じです。
 
明日は星祭、新型コロナ対策して行います。10時から3時まで5回にわけてご祈祷、本堂はディスタンスして30人まで、1回のご祈祷は30分内、何時もの玄関から入り靴はビニール袋に、帰りは本堂正面から、ビニールは持ち帰って頂きます。もし30人を超した場合は30分余、お車か外でお待ち頂き、例年ですと温かい飲み物など用意するのですが、今回はありませんがごめんなさい。お気をつけて、お待ちいたします。
 
我慢のその奥に
2021-01-25
新型コロナ 我慢、我慢で大変なことと思います。現役でお勤めの方々の大変さは当事者でなければわからないご苦労があると思いますが、ぜひ乗り越えて下さい。
 
我慢する、ただ我慢するだけではストレス増産ですが、その奥に何かあると思います。社会全体に我慢と云う空気で拡散防止の爲には当然ですが、〇〇したいという我慢の主体は自分という自我であり、周りの空気・ムードはあるにしても自我のありようを少しずつ変えていけるといいなぁと思っています。
 
自我は自分さえ良けりゃあとエゴになりがちで人間だから当たり前なのですが、何時までも自分さえ良けりゃあでは幸せになれない、人間って うまくできてるなぁと思います。「他人の幸せを共に喜び、他人の不幸を共に悲しむ」、少しずつでも意識していくと温かい自分になっていくように思います。
 
更には精神の大黒柱、心の大黒柱を立てることができれば、これからどんな世の中になっても、何とか乗り越えることが出来ると信じて、前を向いて歩んでまいりましょう。
 
前回のブログの写真、ニラの花?間違いのようです。水仙の種類らしいです。今日の花 左はロウバイ、右は桐です。
 
初めて笑顔を見た
2021-01-21
昨日は大寒、寒い一日でした。午後、シカよけネットを3か所設置したのですが、動きの少ない作業で体が寒くなってしまいました。特に陽が沈むと急に冷え込みます。
 
先日、伊豆日々新聞に高校生が地元を紹介するパンフレットコンクールで最優秀になり、市長に報告との記事。マスクなしの写真が載っていたのですが、同伴した教頭先生が「この子たちの笑顔を初めて見た」とのコメント。え~? 何々? … なるほど。入学以来マスクの毎日、学担でもマスクなしの子供たちを見ることは少ないのでしょう。まして教頭さん、初めてマスクをとった子供たちを見たと云うのでした
 
梅が一輪咲、けっこう高い所の枝でズームがチョコチョコ動いて一輪に絞り込むず。けっこうパチリが難しかったのですが、PCで見たらケッコウ良く写ってました。もう一枚はニラの花?だと思います。
 
あんた 百まで~
2021-01-18
寒い日が続きます。もう両手にシモヤケ。朝勤で木征や太鼓をたたくとき指が直に冷え切って、ハイ!! シモヤケ~!! なのです。
 
先日、かかりつけの皮膚科へ。「こりゃぁひどい」と、塗り薬の中に強力なステロイド、また飲み薬に血管末端を拡張する薬が処方されました。飲み薬は3、4日飲んだのですが、胃がムカムカするので自動停止。まぁ、体調が悪くなるか、シモヤケかとなれば、体調を優先なのです
 
毎朝、チョットしたストレッチをやるようにしているのですが、家内がそれを見て「あんた 百まで生きるよ~」と、チョット嫌味に云うので、「失礼な!!」と私。「百三十まで生きるんだ~あ~」、「大したもんだよ、まったくぅ」と唖然と云うか、呆れてと云うか、「一人だけ 長生きしな~」とあきらめ気味の家内でした。
 
とわ云え、明日の命は保証されていません。何年生きるなど考えてもせん無いこと、1日、1日と ありがたく過ごすとしますか
 
「ねえ だっこして」
2021-01-14
今朝の伊豆日々新聞に「ねえ だっこして」という絵本の原画展の記事、修善寺駅北口のギャラリーCotori(ことり)で、との案内。地元のこうした催しは関心があるので午前中の法事をお勤めし、温かな午後出かけてみました。
 
鑑賞は予約が必要、時間に行くと先客2人、何と知り合いでした。また主催者は以前、中伊豆中学校の美術を担当していて私の孫たち2人のことを良く知っていました。まぁそんなことで見始めたら…。
 
先ずは椅子に腰かけてと云うのです。そして絵本を読み聞かせてくれ、それから原画を順番に、という趣向でした。猫が飼い主に「ねえ だっこして」と云うのですが、赤ちゃんが生まれたお母さんは赤ちゃんのアレコレアレコレ、私(猫)をだっこする暇がなくなって…という内容。温かみのある素敵な絵でした。27日まで、火、金、日は休館。
 
絵本には関心があり図書館の絵本コーナーで楽しんだりしています。あれやこれやと説明せず、無垢な子供が感動する…、様々な工夫も大切ですがビュアーなマインドかなぁ…

法住寺 
〒410-2501
静岡県伊豆市下白岩563
TEL.0558-83-0320
FAX.0558-83-0391

───────────────
1.布教活動
2.法要、永代供養、納骨
3.諸相談受付
4.寿量の会事務局
───────────────

<<日蓮宗 法住寺>> 〒410-2501 静岡県伊豆市下白岩563 TEL:0558-83-0320 FAX:0558-83-0391