安らぎと生き方を求めて 法住寺のホームページへようこそ!!

 

ブログ 杜のおたより

 

寿量の杜のおたより

寿量の杜のおたより
フォーム
 
梅雨明け
2017-07-21
「梅雨明け」と報道されています。当地では「梅雨明け」と云うよりは「梅雨なし」と云った感じです。
 
数日前は空が急に曇り雷がゴロゴロし出したので、水神大明神さまと祈ったのです。近くまでは降ったようですがお寺の近くは数滴のおこぼれ。
 
これで愚痴は禁物。グッとこらえて、数滴と云えども、ありがとうございました、なのです。このままでは樹木も大変になりますが、自然に任せて祈るしかありません。
 
愚痴らないと云いながら、何か愚痴ってるような感じになってしまいました。水神様、宜しくお願い致します。南無妙法蓮華経
 
竹で夏のしつらえをしました、勿論、手作りです。朝勤の時、本堂の前でジ~ッとチョウチョが聴いていたと、女房がパチリです。
 
お盆の草刈り、清掃
2017-07-18
日曜日は朝から、お盆を迎える草刈りや清掃のご奉仕で賑やかでした。境内整備作業は西地区、十二日講の清掃、第1墓地は清水地区、第2墓地は各地区の方々。暑い中、本当にありがとうございました。
 
おかげさまで何時も清々しい境内を維持できています。心から御礼、感謝申し上げます。第1墓地の入口右斜面にヤマユリが群生してきました。その向かい側の斜面はムクゲとサルスベリが白の花を咲かせています。
 
今日18日(火)午後は「中伊豆中学校3年生と保護司の交流会」でした。ビデオを観て、罪を犯した人の更生に理解をしてもらうことを目的にしています。そうした理解は、日頃の生活の中で、友達などをを思い遣ることに繋げていければと願っています。
 
寺子屋 募集
2017-07-15
や~ッ 朝から暑いですね~。「海の日」3連休、若かりし頃なら直ぐにも海に出かけたい、なのですが…。50代の半ばから海から帰ると顔に急激にシミが出て、今年は外作業でも日焼け止めを使っています。
 
海に入った時の、あの、冷っとした爽快感、開放感。伊豆の海にお出かけください。
 
「寺子屋道場」募集しています。既に5、6人の問い合わせがあります。子供にとっては貴重な体験、机上の学問では得られないものがあり、何といっても楽しいが一番です。募集要項はトップページの「お知らせ」、または「法住寺ご案内」➡「行事ご案内」➡「寺子屋道場」でご覧ください。
 
本堂の裏の大京道路脇にムクゲが咲いています。この花が咲くと夏です。
 
お寺のおたより 夏号
2017-07-12
お暑つうございます。当地では雨が降らず梅雨明け状態。こんな中、今日は十二日講で沢山の方々がお詣りでした。
 
お腹の底から大きな声でお題目、この大汗は暑気払いです。高齢の方もいますが、沢山の汗をかいて、お経の後は冷茶を飲みながらおしゃべり。元気になります。
 
「寺報 夏号 102号」、今日お寺の世話人さんにお配りしました。郵送は週末になりそうです。
 
お寺の周りに山ユリが咲いています。夜になると山ユリが甘く香ります。
 
お盆の季節、お墓に夏の花
2017-07-06
第1墓地の北斜面に、白のサルスベリとピンクのムクゲが咲いています。
 
サルスベリは5年位前に檀家さんの境内作業で植樹してもらったもので、去年あたりから良い花が咲き出しました。まだ幹は太くなくチョットした風でもユサユサゆれるのです。サルスベリは虫がつきやすく折れてしまうものもあります。
 
今日の午前中は久しぶりに外作業。去年折れてしまったサルスベリの根元から新しい芽が出たのです、草刈り作業で刈られないように、周りの草を刈って竹を立てて目印にしました。
 
大した作業ではないのですが、急斜面を草を刈りながら登る道を作りながらなのです。手間がかかり、汗はジャンジャン出るのですが、こうしてお盆の時節にお墓に花が咲いてくれることは何より嬉しいことです。

法住寺 
〒410-2501
静岡県伊豆市下白岩563
TEL.0558-83-0320
FAX.0558-83-0391

───────────────
1.布教活動
2.法要、永代供養、納骨
3.諸相談受付
4.寿量の会事務局
───────────────

<<日蓮宗 法住寺>> 〒410-2501 静岡県伊豆市下白岩563 TEL:0558-83-0320 FAX:0558-83-0391