安らぎと生き方を求めて 法住寺のホームページへようこそ!!

 

ブログ 杜のおたより

 

寿量の杜のおたより

寿量の杜のおたより
フォーム
 
アニミズムという希望
2020-07-30
朝日新聞7月28日?夕刊に「自然回帰の詩人たち 現代を照らす」、「ゆらぐ日常 価値観見直すヒントに」と云う記事があり、山尾三省が紹介されていました。
 
山尾三省は詩人、哲学者と云うか深く生きた人で、屋久島の大自然の中で暮らし、森羅万象に神や仏を感じ共に暮らし、その豊かさを詩に書き著したのですが、とても語りつくすことはできません。
 
若い頃はアニミズムを原始的で未発達と思っていたのが、如何に豊かな感性であり生きる原初のエネルギーであるかを山尾三省は教えています。現代科学の発達は否定するものでは勿論ないのですが、あまりに人間中心でありすぎ、結果として物中心の価値観となってしまい個の文化となり、孤立化にむかってしまう。アニミズムという希望を見直していこうと云うのです。
 
一度は直接お会いして話を聞きたいと思っていたのですが、教職にあって余裕がなく、退職した2001年、9月に池上のお寺で聞く会があって楽しみにしていたのですが、8月末に亡くなってしまいました。著書は多くその大半は読んだのですが、晩年のものが力身がなく穏やかで分り易く、30冊余に付けた数えきれない程の付箋は未だ整理されないままです。
 
明日からお盆、棚経があり、今日も玄関は来客、参詣の方々です。
 
 
ひさびさに 
2020-07-25
先週の1週間は毎日、法務が続き、それまでの「マイペース山務」とは違いました。今朝は チョット、ホット です。
 
久しぶりにマイペース山務でもと思ったのですが、雨がシトシト。そこで昨日から始まっている「鈴木浩二展」と佐野美術館へ。鈴木浩二さんは伊豆市在住で教諭時代からの知り合いです。以前はシルクスクリーンをやっていましたが、円柱の大小のピンをリズミカルにボードに埋めての作品でした。ウェーブ、広重の「富岳三十六景 神奈川沖浪裏」の波を連想しました。
 
観ているとイメージが膨らんで、ピンを透明なアクリルにしたり、額もアクリルにしたらもっと伸びやかなクリヤーな感じになるな等々、刺激してくれる作品で楽しいひと時でした。
 
もう一つは佐野美術館「138億光年 宇宙からの旅」展、地球が誕生したのは46憶年位前ですから、その誕生より3倍位前の宇宙って? 私たちが住む銀河系のようなものが宇宙には沢山沢山あるようでビックリです。
 
23日には小川の皆さんが境内整備作業で田んぼの草刈り、第1、2墓地の草刈りもありました。皆さん、本当に ありがとうございます。
 
ボランティア ありがとうございます
2020-07-22
先日20日(月)、ボランティアの皆さんが寿量の塔のを掃除して下さいました。丁寧に、丁寧に お蔭で良いお盆を迎えることが出来ます。写真を載せますが、了解していただきましたよね? 何時も、ありがとうございます。
 
この日は十二日講の方々のご奉仕もありました。明日は、雨で延期になっている境内作業、墓地草刈りがあります。雨が降りませんように、足元を気をつけてケガのないように。
 
今、三島市佐野美術館で「138億光年の旅」という企画展をやっていると新聞にありました。先日の寺報・夏号に200万年前の光が今、地球に届いているという記事を書きましたが、その時、最近は138億年前の光まで話題になっていますと書こうと思ったのですが、ナンジャラホイかな?と思って止めました。どんな企画展なのか見てきたいと思います。
 
今朝 何~? 何~?
2020-07-15
13日から今日まで洋明さんは棚経です。今朝、新聞を読んでいると ドスッー!! という音。カナイは別の場所にいてガラスが振動し地震だと思ったのです。直ぐにテレビをつけたのですが地震のテロップなし。一応本堂内を見渡し異状なし。あれ? 山が崩れたかな? と、重たい腰を引きずって本堂の外周りやお墓の周りなど見ているとサイレン。
 
「上和田橋付近の火災」と市の広報無線。上和田橋は大京、ワイナリーやお寺への入口、直ぐ近くじゃ~。
 
ああ あそこかなと直感、上和田橋にはアルミの鋳型工場があるのです。直ぐに現場へ行くと既に消防車が数台、煙はそれほどでもなく、車も渋滞し始めて消化の邪魔になるのでUターン。その後、ヘリコプターが何台も何台も何台も、丁度お寺の上空でカーブ。最初はけが人の救急ヘリと思っていたのですが、報道関係のようです
 
 
寿量の塔 お掃除、寺報掲載
2020-07-12
今日の午後は久しぶりに雨なし、蒸し暑くなりました。十二日講もありました。
 
昨日の午前中までは作業したのですが、腰が疲れて夜になったら屈むことは出来ず這いずるほどに、難儀しました。寝るのはグッスリ、夜中に大雨、もの凄い雷、市の広報無線が何やら放送していました。ただグッスリのお陰で、夢心地でした。
 
グッスリ寝たお陰で歩けるのですが、同じ姿勢を取り続けられません。十二日講は挨拶だけして洋明さんにお任せでした。
 
7月20日(月)9時 寿量の塔の掃除をボランティアの方々と行います。ご参加できる方はお願いします。その前日19日(日)は境内整備作業や第1、2墓地の清掃が地元の檀家さんのご奉仕であります。
 

法住寺 
〒410-2501
静岡県伊豆市下白岩563
TEL.0558-83-0320
FAX.0558-83-0391

───────────────
1.布教活動
2.法要、永代供養、納骨
3.諸相談受付
4.寿量の会事務局
───────────────

<<日蓮宗 法住寺>> 〒410-2501 静岡県伊豆市下白岩563 TEL:0558-83-0320 FAX:0558-83-0391