安らぎと生き方を求めて 法住寺のホームページへようこそ!!

 

ブログ 杜のおたより

 

寿量の杜のおたより

寿量の杜のおたより
フォーム
 
トイレ工事 始まる
2018-08-22
書院トイレの工事が始まりました。9月末までかかるようです。
 
書院の建築は昭和47(1972)年、今もデザイン的には良いのですが[私がデザインしました]、一番問題なのは男女兼用。
 
「今どき、男女兼用なんて あるの?」と、ズバッと云うご婦人もいて、気になっていたのです。護持会役員会の承認も頂き、工事が始まったのです。
 
困るのが、私と家内の用足し。イチイチ本堂のトイレまで。それも廊下は工事の関係で通れず、居間から客間、渡り廊下を通って目的地の本堂トイレ着となるのです。昼間でもこの道中は面倒なのですが、夜中のトイレも…
 
居間と寝る部屋は直結していたのですが、これまた、ぐる~ッと、回らなければならず…。1っカ月チョットの辛抱です。もっとも、夏の終わりの時期で良かった、またもっと歳とっていたら改修出来なくなると思うと、これでいいのだ~。
 
涼し~!!
2018-08-19
長袖を引っ張り出しました。涼しい~、さわやか~。
 
急に 秋の虫が鳴き出しています。空も真っ青、夏の花 フヨウとサルスベリがジャパンブルーに映えます。
 
夏の終わりは、もの哀しいものです。まだ夏を楽しんでない身には、一層そんな感じがあります。
 
「寺子屋の写真」を掲載しました。終わって直ぐに速報で掲載したのですが、コメントをつけました。
 
秋の風
2018-08-16
お盆が過ぎて、まだまだ暑い日は続きますが、風は秋の気配を感じます。
 
京浜方面の棚経が終わり、今朝、市内の知り合いの棚経があり、お盆の行事は終わりました。洋明さんは、川口市のお寺のお手伝いで明日のお施餓鬼があり、片付けてから夜中に帰山です。翌18日は覚林院さん。宗務所、青年会と続きます。
 
京浜地区の棚経を終わり、どのお宅もご家族でお経をあげ、お題目をお唱えできる家族の豊かさを感じました。ご夫婦で、子供たちもお題目、定年退職後のご兄弟が毎年集まりお題目、老夫婦と若いご夫婦でお題目、ご先祖さまと響きあう豊かさでした。
 
写真は、10日以上前のものですがウバユリが大京道路にスクッと咲きました。「かわいい 樹木墓」出来上がりました。
 
まだ まだ
2018-08-11
寺子屋が終わって ホッ~、実は5日、6日とお亡くなりになる方がいて、7日、8日と寺子屋だったのです。8日お通夜、9日お葬儀、連日山務があり明日から旧盆の棚経で16日まで続きます。
 
洋明さんは殆ど8月中は休みなし。例年、8月はどうしてもそんな感じで、家族で旅行などなし。タックンが帰ってきましたが、昨日から出かけています。17日には帰るようです。
 
写真はキツネノカミソリという花だそうです。調べると何か面白い由来があるのかもしれませんが、今は意欲なし。寺子屋の写真集、仮編集?しました。もうチョット手を入れたいのですが、旧盆に入り一旦お休みです。
 
寺子屋 感謝 感謝
2018-08-08
昨日、今日と2日間、寺子屋でした。今は雨が降り出していますが、子供たちは野菜の収穫体験に出かけています。
 
今回、2つの感謝、感謝。1つ目は台風、数日前は伊豆半島直撃という感じ、それが徐々に東にずれてくれました。お陰さまでツリークライミングができ、スイカ割り、カマドご飯炊き等、予定通り出来ました。感謝、合掌。
 
2つ目は涼しさ。連日の猛暑で困ったなぁ…、書院、本堂に冷房はないのです。それが何ナント、涼しいと云うか、涼しすぎるのでした。夜は窓を閉めないと涼しすぎて…、今度は寝冷えしないように気配りするのでした。感謝、合掌。
 
子供たちが野菜の収穫体験から戻ってきました、これから閉場式。多くの様々なご支援、サポーターのお力を頂きました、誠に真にありがとうございました。

法住寺 
〒410-2501
静岡県伊豆市下白岩563
TEL.0558-83-0320
FAX.0558-83-0391

───────────────
1.布教活動
2.法要、永代供養、納骨
3.諸相談受付
4.寿量の会事務局
───────────────

<<日蓮宗 法住寺>> 〒410-2501 静岡県伊豆市下白岩563 TEL:0558-83-0320 FAX:0558-83-0391