安らぎと生き方を求めて 法住寺のホームページへようこそ!!

 

ブログ 杜のおたより

 

寿量の杜のおたより

寿量の杜のおたより
フォーム
 
新しいパソコン
2020-10-08
今日は朝から雨、台風が心配ですが無事のことを祈ります。天気が良ければやりたい外の作業があるのですが、雨に濡れてまでのことではありません。作業は夏には出来なかった急斜面の草刈りや山の雑木処理など、これから山仕事の季節です。
 
今日は朝から雨なので腰を据えて新しいパソコンの設定です。もうかなり前に買ってあったのですが、山務やら作業やらで「さぁやろう」という意欲が湧いてこなくて…。今まで使っていたPCでも良いのですが、どうも遅くて、立ち上がり、変換…、オッチラ コッチラ ノロノロ ノソノソ、まぁ年寄り向きなのですが、かなり使ってきたので…、と云うわけでシンプルで手ごろなものを購入。
 
新しいPC、可動するのは昔に比べると随分楽になっているのですが、パスワードはどこに記録したっけ??など アタフタ、ウロチョロなのです。ちなみにこのブログは今までのPCからで~す。
 
玄関に秋の野の花が、カワイイ~。右はツルに花が咲いていました。
 
名月 木犀の香り
2020-10-03
一昨日(10/1)は中秋の名月とのことで境内に出てみると、誠に真にみごとな名月でした。ごく自然に手を合わせ、大自然の営みのみごとさ、美しさ、神秘さ、奥深さ…に合掌。太陽の反射光という科学を乗り越えた凄さを感じました。
 
もう10月、土曜日の朝日新聞に「be」と云う週末版が配達されるのですが、コロナ騒ぎでステイホームして退屈している人に数独というパズルを載せています。縦、横9マス、9つのブロックがあり、1~9の数字を入れていくパズルです。どうもこう云うのは苦手なのですが、易しい方の数独に挑戦すると、何とか…、苦労の末に出来たのです。
 
まぁ時間もあるからと、難しい方の数独に手を出したら、けっこう集中できて、何とかやっと完成!! さぁ寝るかと時計を見たら何時もより1時間も遅くなっていたのでした。まったく気づかなかったぁ…、この答えは1週間後の今日の新聞、ジャジャ~ン。みごとに…、〇〇でした。
 
名月の夜、木犀の香りがしてきました。
 
あれあれ うっかり
2020-09-29
秋のお彼岸が無事終わり、ホッとしたり。何だかんだ、いろいろあります。気付いたらもう1週間以上、ブログ更新なしでした。
 
昨日はGo Toキャンペーンが東京に適用される前に、東京へ車でとんぼ返り。書院をテーブル、椅子対応にすることで役員会のゴーサインは出てるのですが、カタログだけでは選べません。実物を確認して納得がいったら注文なのですが、コロナがなかなか収まらず…、何時までもホットケナイと云うわけでした
 
ショールームは名古屋か東京、大阪にもありますが。と云うわけで、浅草まで車で行って、見て、何処も寄らずじまい。目的のショールームの同じ通りの直ぐ近くに、「むぎとろ」があるので昼時だし食べて帰ろうと思ったのですが、駐車料金を見ると30分500円。これじゃぁ飯代より高くなってしまう…と、直ぐに帰ったのでした。ちなみに「むぎとろ」に駐車場があるのかもしれませんが、通りの後方向なのでグルッと回るのが面倒で…。
 
写真はお彼岸から何も撮ってなくて…、お中日のものです。
 
見事に 秋彼岸
2020-09-21
「暑さ寒さも 彼岸まで」、まことに見事に 秋のお彼岸です。何時まで続くのかこの暑さ、と思った時もあったのですが、見事に涼しくなりました。
 
明日のお中日を前にして、今日はお彼岸の付け足し回向、略して付け回向がありました。各家ごとの法要でなく、お彼岸法要の後に付け足して、ご先祖さまの年回・回向をする方々です。中には百回忌、大正10年にお亡くなりになった方のご回向もありました。
 
明日はお中日で彼岸法要ですが、新コロナの関係で住職と副住職が朝7時から行い、一般の方々の参加はご遠慮頂きました。その後8時から、それぞれに本堂、位牌堂にお詣り頂き、お塔婆を持って墓参してもらいます。
 
永代供養・寿量の塔には沢山の色もののお花がきれいです。彼岸花は?と境内周辺を見て歩くと、咲き始めていました。何時もより遅いのかなぁ?これからと云った感じでした。
 
秋のお彼岸に百日紅
2020-09-17
明後日は彼岸の入り。秋の彼岸会も春彼岸と同じく、早朝、住職と副住職で法要を行い、檀家さんは朝の8時以降、それぞれに本堂、位牌堂にお詣りして頂き、お塔婆を持って墓参してもらいます。
 
10月24日(土)のお会式は、護持会役員さんと十二日講のみなさんで法要する予定です。万灯講の白龍会は「新コロナ収束」の祈願行列を行う予定です。何時ものような鳴り物やマトイはなく、お題目の祈りの行進をしたいと云うことです。本当に、早く収束してもらいたいと願い、祈っています。
 
連日、大京道路の草刈りなど境内周辺作業をきましたが、今日はお葬儀の準備で作業はお休み。おかげさまで檀家さんの境内整備作業等で、気持ちよく秋のお彼岸を迎えることができます。
 
百日紅(サルスベリ)は夏の花と思い込んでいたのですが、第1墓地の百日紅が満開です。この斜面は北向きになっていることもあるかも、それにしても改めて「百日紅」、夏から秋まで長い間、咲いてくれています。

法住寺 
〒410-2501
静岡県伊豆市下白岩563
TEL.0558-83-0320
FAX.0558-83-0391

───────────────
1.布教活動
2.法要、永代供養、納骨
3.諸相談受付
4.寿量の会事務局
───────────────

<<日蓮宗 法住寺>> 〒410-2501 静岡県伊豆市下白岩563 TEL:0558-83-0320 FAX:0558-83-0391