安らぎと生き方を求めて 法住寺のホームページへようこそ!!

 

ブログ 杜のおたより

 

寿量の杜のおたより

寿量の杜のおたより
フォーム
 
滑り込み セーフ
2017-05-23
「草間彌生展 新国立美術館」昨日5/22日(月)が最終日。
3月にはチケット2枚頂いてあったのです、カナイと二人でどうぞと。
 
それが2人揃ってとなると、なかなか出かけられなくて…。カナイは寺庭婦人会会長、人権委員とオエライ役の総会シーズン、山村御流華展もあったり。勿論お寺の作務も多いのです。
 
まぁ、そんな訳で最終日、私一人で滑り込みなのでした。11時半頃着、既に長蛇の列は美術館の外まで…。1時間位並んで、やっと会場に。
 
改めてじっくり作品を観ました。ゴッホに似たある種の狂気というか情熱、うわん、うわん、と噴出する情念、情熱、幻想、アイディア、…。
 
平面では収まり切れず、立体に、更にもっともっと、この湧き出るモノをどう表現したらいいのだぁ~!! 草間ワールドは続くのでした。
 
サンショウバラ
2017-05-19
「箱根サンショウバラ」を頂き10年余になります。サンショウバラの名の如く、トゲがあり勢いもあるので、人が通らないような場所に移植しました。
 
花はご覧の通りで優しい花です。前に絶滅危惧種と聞いたことがありますが、確かめてはいません。
 
中庭に朴が咲いています。植木屋さんにオオヤマレンゲと頼んだら、この木を持ってきたのですが…。泰山木と大山レンゲとの園芸種のように思います。
 
何れにしても花は良いものです。
 
日々、豊か
2017-05-17
改めてこの季節の花の豊かさを思います。裏玄関からの通路に姫シャガ1輪、サッと通ってしまえば気付かないでしょう。
 
シャガは沢山あって「シャガ寺」にしたらなど言って下さる方もあるくらいですが、姫シャガは貴重です。
 
かなり前から黄ショウブが咲いています。なかなか丈夫な花です。同じ花でもその日の天気があったり、咲き具合があったり、周辺の感じが違ってきたりで、毎日感動の日々です。
 
今日は本堂の裏で箱根サンショウバラが満開でした。曇りなので後日、晴天の日に撮ることにしました。それにしても次から次から花が咲き、この季節は豊かです。
 
白雲朴
2017-05-15
天城シャクナゲは終わったし、山村御流の華展も終わって、春の花は一段落と思っていたら…。ハクウンボク、名前からして素敵です、白雲朴がもう満開なのでした。
 
境内からは、上から見下ろす感じになって花が見えないのです。石段中段まで降りると、涼やかな清楚な花が見事です。
 
今朝は曇りで写真には陽の光が欲しいのですが、待ってられません、パチリ、パチリなのでした。まだまだ花は咲いていて、春から初夏へ。夏ロウバイ、大山レンゲ(もどき)、白糸草、屋久島シャクナゲ等々、それに撮りだめの未公開の写真もあり、しばらくはブログの写真が間に合いそうです。
 
珍道中
2017-05-14
昨日はカナイと山村御流華展にでかけました。会場は横浜高島屋、待ち合わせもあり11時頃には着くように出かけたのです。
 
修善寺から伊豆箱根鉄道に乗ると、さっそく「携帯持ってこなかったァッ!」とカナイ。またかよ~。昼食の待ち合わせなどもあり私の携帯で連絡したり調べたり。そうこうしていると私の携帯も赤信号。前の晩、充電しておかなかったのです。やれやれ
 
午後は携帯なしと同じ状態。まぁ、それも悪くはないのでした
 
野の花の華展は清楚で優しく力強さがあり見事でした。たしか明日15日まで開いてあると思いますので、お出かけください。カナイの花は前期展示でなかったのですが、写真のタニウツギを活けたとのこと。
 
ちなみに写真右のホウジュウジツツジもあったとのこと。ホウジュウジって? どこかで聞いたような? そう法住寺ツツジなのです。この深みのある赤は滅多にないのだそうです。

法住寺 
〒410-2501
静岡県伊豆市下白岩563
TEL.0558-83-0320
FAX.0558-83-0391

───────────────
1.布教活動
2.法要、永代供養、納骨
3.諸相談受付
4.寿量の会事務局
───────────────

<<日蓮宗 法住寺>> 〒410-2501 静岡県伊豆市下白岩563 TEL:0558-83-0320 FAX:0558-83-0391