安らぎと生き方を求めて 法住寺のホームページへようこそ!!

 

ブログ 杜のおたより

 

寿量の杜のおたより

寿量の杜のおたより
フォーム
 
七面山 登詣
2018-11-19
17、18(土、日)は、七面山登詣でした。洋明さんと10人の檀信徒の皆さんでお詣り、昨夕、無事に戻ってきました。
七面山、登詣って何? 七面山は、身延山を護る七面大明神のお山で約2000m。登詣(とうけい)は山を登ってお詣りすることです。
 
2000mのお山ですが、途中に何か所か坊(お寺)があって、お詣りしながら休憩しながらの登詣です。最後の胸突き八丁を乗り越え七面山の山門が見えるとヤッター、そんな達成感と何か心の奥底に響く霊気があります。
 
天気が心配だったのですが、みごとなご来光、よかった、よかった。78歳のご夫妻は、日頃ウォーキングしたり畑を耕したりしているので健脚。それでも登るときより下る方が足にきますねぇと元気に話してくれました。お疲れさまでした。
 
今回は万灯講「白龍会」の仲間が参加、楽しく愉快に そして信仰を深めたのでした。
 
寿量の塔のお詣り
2018-11-16
2日前、午前中、境内の掃除を終えて、その後1時間チョット、寿量の塔のシャガの雑草を取っていたのです。
 
そのチョットの間に、伊東からのお詣り。旦那さんを亡くされ今は一人暮らしですが、近くに住む娘さんに連れて来てもらったのです。この方は1か月位前にも作業中にお会いしてお話したのでした。その直ぐあとに御殿場からのお詣り。「何時も、何か作業されてますねぇ」と声をかけてもらいました。大勢のご家族でした。お二方とも寂しい中にも幸せそうでした。
 
しばらくすると今度は川崎からのお詣り。この方はよくお寺にお詣りして下さるのですが、天気が好いから寿量の塔まで足を運んでくれたとのこと。大きな声で寿量の祈り「社会の皆さん ありがとうございます。…」と、祈ってくれました。善い気が満ちてきているお顔でした。
 
この日は真っ青な冬空で天気が良かったからかも知れませんが、1時間チョットの間に10人以上の方々がお詣りして下さったのです。雑草取りもイイものだなぁ~と、自分に言い聞かせたのでした
 
境内のビンカズラが実を赤くしてきました、小菊も良いものです。
 
気持ちの善き お題目
2018-11-12
10日土曜日は伊豆連合大題目、4カ寺から約100名のご参加でした。
 
夜半までの雨が上がり好天気、夏日となり少々暑いくらい。若い方も多数おりましたが元気な100歳という方もいて、冷えるより暑いくらいの方が安心でした。
 
毎年、会場は寺院が持ち回っています。他寺院の方々とお唱えるするお題目が、こんなに気持ちの善いものかと、あらためて感じたのでした。何かこうした信仰の原点のようなものを感じたのでした。ご参加の皆さま、関係の役員さん、ご尽力いただいた皆々さま、誠に 真に ありがとうございました。
 
昨日の日曜日は新車の交通安全ご祈祷、安産祈願、相談等々あり、永代供養 寿量の塔・樹木墓への納骨がありました。納骨された樹木墓の花が咲き人々を楽しませてくれる、車で降りてヒールでもお詣りできる。そんな樹木墓に賛同いただき、整備しご供養していく者として大変嬉しく思いました。
 
写真は伊豆連合大題目の当日の朝霧、晩秋だなぁと思いました。
 
気が付いたら…
2018-11-09
気が付いたらこのブログ、1週間ぶり。2日前の7日は立冬、季節の節目で更新しようと思いながら次々…なのです。
 
3日文化の日は三島市松雲寺さまの法燈継承式、前住職上人はご苦労されながらも何時も笑顔でお寺を興隆されました。2日間、お手伝いに出仕した洋明さんは、次の4日から6日まで広島団参、8日覚林院さん、今日9日は大京茶話会で法話。
 
私は昨日のお通夜、今日のお葬儀、そして明日は伊豆連合大題目。4カ寺の約100人の檀信徒さんでお題目修行、会場づくり等細々した準備。妙国寺さまの法話があります。明後日11日は「かわいい樹木墓」の納骨、初めての納骨ですから心して準備しています。
 
それでも中学校に勤めていた頃のことを思えば、楽しみながらのお勤めです。また中学校に勤めていた頃は大荒行の1日3時間足らずの睡眠を思い起こし乗り切ってきました。今年の大荒行は11月1日から千葉の中山・法華経寺で始まっています。12月9日(日)は青年会の荒行団参があります。
 
境内はモミジ(オオサカズキ)のグラデイション、ドウダンがきれいです。
 
長寿のお爺さん
2018-11-02
先日のTV、何となくチャンネルをまわしていたら、103歳の元気なお爺さんが出ていました。
 
腕立て伏せ20回、腹筋、それを朝やる…、やや、にてるなぁと内心思っていたら、食後にハチミツをひと匙。ここまでくると隣にいた家内も爆笑、「あんた 長生きするよ!!」、何やらイマイマシそうな言い方。私の朝のセレモニーとお爺さん、同じなのでした。
 
長生きは目的ではありません、あくまで結果。それにして103歳までとなると、まだ30年以上も…、もう息切れしてきました
 
明日は三島市松雲寺さまの法燈継承式、住職の交代式です。副住職は今朝から準備のお手伝いに出かけています。住職交代の式ですから、自分の事として良く見ておくようにと言ってあるのですが…
 
しばらく前に撮っておいた写真、ツワブキ、リンドウが咲きだしています。

法住寺 
〒410-2501
静岡県伊豆市下白岩563
TEL.0558-83-0320
FAX.0558-83-0391

───────────────
1.布教活動
2.法要、永代供養、納骨
3.諸相談受付
4.寿量の会事務局
───────────────

<<日蓮宗 法住寺>> 〒410-2501 静岡県伊豆市下白岩563 TEL:0558-83-0320 FAX:0558-83-0391