安らぎと生き方を求めて 法住寺のホームページへようこそ!!

 

ブログ 杜のおたより

 

寿量の杜のおたより

寿量の杜のおたより
フォーム
 
撮っても 撮っても
2019-04-19
撮っても、撮っても、撮りきれず、野の花、若葉の美しさ。
 
昨日はお葬儀やご先祖さまの施餓鬼供養などで夕方になりパチリできず。今朝はお詣りがありましたが、その前の朝の光でパチリ、お詣り終わり11時過ぎにパチリ。写真のシャクナゲはもう満開を過ぎてました。それからハルジオン取りです。
 
若葉も柔らかく良い季節です。芽が出る時に細かい花粉のようなものが舞うので、本堂の外廊下は毎朝掃除、車は薄っすらとホコリが積もったようです。
 
写真左は日本のシャクナゲで葉は細い品種、右は園芸店で天城シャクナゲと云うことで買ってきたのですが、外来種だと思います。それでも花は天城シャクナゲに似て似て咲き始めはピンクっぽくきれいです。天城シャクナゲは今月下旬から連休にかけて咲きます。今年はどんなふうに咲いてくれるか楽しみです。
 
取れども 捕れども
2019-04-17
ハルジオン、危険外来種です。とわいえ花は可愛いのです、乃木坂〇〇のお姉さん達がハルジオンの咲く頃~、私も元気をだしていく~、とか何とか 歌っているほどです。
 
とわ云え、根はがっちりと張り、タンポポの様な綿の種を蒔き散らし、野原を原野を山を埋め尽くしてしまうのです。「ハルジオンが咲いているとダラシナイ」とのオッカナイの言葉で始まったハルジオン取りも10年以上になります。
 
腰が痛いのは勿論ですが、先日から左手の付け根あたりの筋肉痛。何だろう?と 自分の体と対話していたら、どうやらハルジオン取りだなと思い当たりました。右手で草取りガマ、左手でグッと抜く。それだけなのですが3時間位、何百と取り続ける、殊に小さいのを指でつかんで抜き取るのは力が入ってしまいます。それも外へ出れる日は毎日なので…。
 
昨日は本山 玉沢妙法華寺 開山日昭尊者のご遺徳を讃える開山会、そこでお会いしたご住職は全部シルバーにお願いしているとのこと。檀家さんも沢山のお寺さんなので草取りしている余裕はないのでしょう。帰って来てひと休みしてから作業着に着替えハルジオン取り。昨日は山門周辺だったのですが、こうして草取りすることでお寺への想いが深くなり、ありがたいことだと思ったのです。
 
今日は午後から4時まで保護司のサポートセンターへ、その後お通夜。明日はお葬儀、お施餓鬼と続きます。
 
花まつり
2019-04-12
お釈迦さまのご誕生をお祝いする「花まつり」を行いました。今日は12日で十二日講お題目の日、これに合わせての花まつりでした。
 
花冷え、寒っ~!! って感じの天気でしたが、気持ちよくお題目をお唱えして、お釈迦さまのご誕生をお祝いしました。手作りのちらし寿司、小麦饅頭もお供えされ、何より庭の花々をお供えして賑やかでした。
 
お経の後は、日本の美しい童謡、唱歌を何曲も歌って…、そうそう昌子寺庭の歌も素敵でした。明日は、午前午後法事、その後、総代会、役員会、懇親会と続きます。
 
もう「ハルジオンの季節」…、次のブログでねぇ~。
 
行って来ました 淡墨桜
2019-04-09
7日(日)祈願会をお勤めしてから、岐阜の淡墨桜へまっしぐら、念願の桜を観てと云うか、拝んできました。
 
何年か前に予定をたて桜の近くに宿もとったのですが直前でキャンセル。毎年、日程、天気、桜の咲き具合をみていて、やっと念願が叶いました。新東名のお陰で高速5時間ちかく、350㌔、休み休みで6時間チョット、夕方には到着。
 
まぁ何とも 大したものです。どでかく大地に根を張って千年余、圧倒的、大きな枝を四方に広げ、桜を満開に咲き続けている。人々に感動を施し続けている、遠くに雪山が見え、何とも云えずこの地に調和していました。
 
あわせて何かしらモノノアワレも感じたのです。戦後、一旦は枯れたも同然になったということですが、地元の方々の熱意により根継ぎされ、何十本もの柱で支えられ、大量の施肥を施され維持されている。大自然のままではこうして生き続けることは難しいんだなぁとも思いました。
 
帰って来て境内の枝垂れ桜の樹勢をみて、今まで施肥したことはなく自然に任せていたのですが、どうしたものかと思ってしまうのでした。
 
 
あらあら どうしたのかな
2019-04-03
新元号「令和」が決まり、何か気も充ちてきます。個々の願い欲求は尊重し自分のことを大切にしつつも、個人は他の人々、生きとし生けるものの幸福も願い資することの大切さを想います。
 
その翌日、つまり昨日、突然 無意欲、無気力状態に。何もしたくない、ぼぅ~っと時間を持て余す様な、不思議な状態に…。今まであまり感じたことのないものでした。
 
何時もなら、時間があればアレコレと大したことではないのですが気が向いている。ネット、読書、ぶらっと買い物、ほっとひと休み、山仕事、境内整備、その他山務等々。それが何もしたくないのでした。4月病?、季節の変わり目、気も体もエンストするんでしょうね。
 
今朝は次々とお詣りがあり、ボッ~っともしてられず、何時ものように…。そうそう、あれもやらなきゃぁ、これもあったなぁとなるのでした。

法住寺 
〒410-2501
静岡県伊豆市下白岩563
TEL.0558-83-0320
FAX.0558-83-0391

───────────────
1.布教活動
2.法要、永代供養、納骨
3.諸相談受付
4.寿量の会事務局
───────────────

<<日蓮宗 法住寺>> 〒410-2501 静岡県伊豆市下白岩563 TEL:0558-83-0320 FAX:0558-83-0391